目に関するブログ

あなたの目と睡眠の質をブルーライトがダメにするのは本当!?

おはようございます。早速ですが、皆さんはブルーライトカットのメガネを使っていますか?

「あなたの仕事にはパソコン作業が多いからブルーライトカットメガネを使いましょう」という広告に乗せられてブルーライトカットのメガネを買った人も多いことでしょう。

でも、本当にブルーライトって目に悪いんでしょうか?

僕のブログではこのように日常生活で役に立つ、目に関する情報を専門書や論文を交えて分かりやすく説明しています。

今日紹介する論文は2017年にロンドン大学のJohn G Lawrensonらが発表した論文です。タイトルは

「The effect of blue‐light blocking spectacle lenses on visual performance, macular health and the sleep‐wake cycle: a systematic review of the literature(視作業や黄斑の健康、そして睡眠サイクルにおけるブルーライトをブロックするレンズの効果)」

です。この研究はシステマティックレビューなのでかなり信憑性が高いのですが、結論でこう述べています。

「We find a lack of high quality evidence to support using BB spectacle lenses for the general population to improve visual performance or sleep quality, alleviate eye fatigue or conserve macular health.」

まだ十分な証拠が得られていない

みたいです。たしかに論文中のデータを見るとバラツキがあったり、今回、複数の分析をさらにまとめた信頼度が極めて高い分析(システマティックレビュー)をしているのに136の参加者しか扱っていません。

ブルーライトカットは当たり前だと思っていましたが、実はまだ十分な研究データが集まっていないようですね。しかし、パソコンなどのデジタルデバイスを長時間していると、近視などが進むことがあります。軽症な近視なら良いのですが、近視が進行すると網膜剥離になったり、最悪の場合失明することだってあります。そんな近視について『スマホで近視はますます増える可能性!?96.5%が近視で悩む国も』で説明していますので、ぜひこちらもご覧ください。

それではまた明日の記事でお会いしましょう!

参考文献

Ophthalmic and Physiological Optics 37 (6), 644-654, 2017


ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!