眼科で行う治療

レーザー角膜内切削形成術(LASIK)

レーザー角膜内切削形成術(LASIK)とは

エキシマレーザーを用いて角膜を切除する屈折矯正術。初期の頃はPRKという、角膜上皮層を機械的に切除し、露出した角膜実質にレーザーを照射する方法が取られていた。しかし、PRKには術後の疼痛と切除角膜上皮層の再生治癒までの間、視力の回復が不十分であった。これら問題を解決したのがLASIKで、LASIKでは眼圧を40mmHgまで一時的に上昇させ、角膜フラップを作成し、角膜実質を露出させる。露出部位にエキシマレーザーを照射し、フラップを元に戻す。その上に治療用コンタクトレンズを乗せて手術は終刀となる。このLASIKでは術後疼痛がなく、矯正精度が良好で術早期から視力が改善する。しかし、LASIKの術中合併症として角膜フラップ形成不全、ズレ、セントラルアイランド、ヘイズ、びまん性角膜炎、感染症、網膜剥離術中のフラップの剥離などがある。

参考文献

  1. 細隙灯顕微鏡用語活用アトラス事典

 


ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!