目の病気

流行り目とは

流行り目という病気を聞いたことがありますか?お子さんがいる方はこの病気に一度は遭遇しているかもしれませんね。この”流行り目”は俗称で病名ではありません。

正式には流行性角結膜炎という病名が付いています。

その名の通り、(夏に)流行しやすく、角膜や結膜に炎症をもたらします。感染力は非常に強く、その感染症力の強さのため昔から「流行り目」と呼ばれていました。流行性角結膜炎の原因は、

アデノウイルス

というウイルスの感染であることが分かっています。このウイルスが目に感染し様々な症状を引き起こします。具体的な症状は、

  • 白目が充血している
  • 目やに、涙が増える
  • 目が痛い

などがあります。

流行り目はアデノウィルスが目に感染してから、症状が出るまで約1週間から10日かかります。感染から病気が発症するまでタイムラグがあります。つまり、

幼稚園の誰かが発症した頃には感染している

可能性があります。幼稚園で誰かが流行り目になった場合、他の子たちは気付かないうちに感染しています。しかも、

流行性角結膜炎には特効薬はありません。

「おいおい、そんな怖い病気なのかよ」と思った方はご安心ください。発症してから約1週間でピークとなり、その後徐々に改善してくることがほとんどです。特効薬はありませんが、眼科では流行り目の合併症を防ぐために

  1. 他の感染症を未然に防ぐため抗菌薬の目薬
  2. 後遺症である角膜混濁(黒目が白く濁る)を予防するためステロイドの目薬

を処方することがあります。

自分のお子さんが目の充血、目やにや涙が増え、目の痛みを訴えたら必ず眼科を受診させてください。流行り目から起こる合併症を未然に防ぎましょう!

参照:日本眼科学会(目の病気:ウイルス性結膜炎)HP


ABOUT ME
doctorK
学生時代より執筆活動を始め、現在まで500本以上の医療記事を執筆しました。現在は眼科医として勤務しながら、自身の記事をアップするため『オンライン眼科』を設立しました。お仕事依頼は問い合わせページからお願いいたします。