目の病気

眼球電図(EOG)

EOGの意義

眼球運動の記録網膜色素上皮細胞層の機能検査の二つの重要な意義がある。

EOGとは

眼球には一定の電位があり、視神経側が-、角膜側が+6mVに帯電している。この電位差は網膜色素上皮に由来する。左右の内眼角と外眼角部に電極を装着し、眼球運動をさせることで、電位を間接的に測定する方法がEOGである。眼球運動の軽度の異常、時間的な変化や眼位による変化を定量的に計測できる。

EOGの対象疾患

EOGの対象となる疾患

  • 卵黄様黄斑変性(Best病)
  • 白点状網膜症
  • コロイデレミア
  • ぶどう膜炎
  • 網膜色素変性症

など

EOGの記録方法

EOGの記録方法

  1. 前順応:35~70ルクスの明室内で最低15分間順応させる。
  2. 照明を消して左右に点滅する赤色LEDを1分ごとに10回ずつ交互に追視させる。
  3. 次に暗順応下での記録を15~20分間行ったあとで、明順応での記録を20分間行う。
  4. ここで得られたEOGの波形の1分ごとの平均値を求め、記録用紙にプロットしてEOG曲線作成する。

EOGの判定

正常眼では前順応の間にほぼ一定した振幅となり、暗順応を開始すると振幅が徐々に減少する。8~12分後に最小値(暗極小:D)となり、その後明順応にすると振幅が急速に増大する(明極大:L)。このL/D比が1.5~2.5程度が正常値となる。1.5未満であれば広範な網膜外層の障害を疑う。

参考文献

  1. 目で見る臨床視覚電気生理学検査の進めかた
  2. 目で見る両眼視機能検査の進めかた
  3. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

眼科で行う検査この記事では眼科で行う検査をまとめています。...

オンライン眼科のサポート