オンライン眼科へようこそ

皆さん、初めまして。このサイト運営企画をしているdoctorKと申します。このサイトを訪問されたということは目に関して何らかの興味、関心、疑問があるためだと思います。

サイトの説明をする前にドクターKの自己紹介をします。

ドクターKの自己紹介

初めまして、ドクターKです。

僕は群馬県高崎市に生まれた平凡な子どもで、特に得意なことはありませんでした。

学校の成績も真ん中くらいで、スポーツも観る専門でした。

そーんな平凡な生活をしていた中学二年生の夏休み、僕ら家族はいつものように父の実家に帰省していました。

僕と遊んでくれるおじいちゃんと美味しい料理を作ってくれるおばあちゃん。

僕は長期休みに帰省するのが大好きで、毎年この時期を楽しみにしていました。

しかし、中学二年生の夏休みはいつもと様子が違います。

医師になった今当時の事を考えてみれば、祖母は酸素を吸って、病院に何度も見舞いに行っているので、重篤な状態だったんだと思います。

僕はその頃はまだ小さく、かなり鈍感だったので、事の重大さには気付いていませんでした。

いつも通り幸せな気分で、新幹線に乗り込みました。

新幹線に乗り1時間ほどすると、母の携帯電話に電話が入りました。

「おばあちゃんが亡くなった」

そう聞こえた気がしましたが、「嘘だ」と思った僕は母親の顔を見ました。

母さんが泣いている・・・

おばあちゃんが亡くなったことが確信に変わり、その時「僕には何もできなかった」と無力感を感じたのは今でもよく覚えています。

僕はそんな自分の無力感から医師を志すようになりました。

それ以降、今では信じられないくらい勉強して、医学科に合格することができたのです。

一方で、医学生時代の僕は結構ひねくれものでした(笑)

「普通のバイトはしたくない」と、その時はまだあまり知られていなかったクラウドワークスを始めました。

最初は月に数千円程度でしたが、6年間で収益1000万円達成し、プロライターとしても500以上の記事を執筆することができました。

そんな経験を活かし、眼科医になった後も目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成しています。

また、ここ2-3年は文章の添削や監修・指導などもやらせていただいています。

さて、この積み上げてきた記事を載せるサイトが必要だと思い、この『オンライン眼科』を開設することになりました。

そして、皆様の目に対する悩みを解決するため、オンライン眼科では下記のコンテンツをご用意しています。

  • ブログ一覧:”眼”に関する様々な情報を論文ベースでお伝えしています。
  • よく分かる眼科:患者さんに分かりやすいよう眼の病気を説明しています。
  • 医療者向け記事:眼科医だけでなく、眼に関わる仕事に従事される方にとって分かりやすい記事を提供していきます。
  • 試験対策記事:眼科に関する試験(CBT、国家試験、専門医試験)の解説を順次更新していく予定です。

この他にも今年も様々なコンテンツを追加していく予定です。あなたに最高の情報を提供できるよう尽力していきます。

最後になりましたが、このサイトに関わっていただいている関係者の皆様。この場を借りて御礼申し上げます。そして、ここまで読んでいただいた皆様にも御礼申し上げます。もし「こんなコンテンツが欲しい」等あれば、ぜひ教えていただければ幸いです。

2019年吉日 doctorK