白内障

眼科医が説明する白内障

皆さんは白内障という病気をご存知ですか?

「年を取ったらなる病気でしょ」
「おじいちゃんが白内障の手術をしていた」

など、「白内障は何となくご高齢の方がなる」というイメージをお持ちの方がほとんどだと思います。ところが、白内障は早い人で40歳頃から始まり、70歳以上では80%以上の人が、80歳以上ではほぼ100%の方が発症します。また、40歳未満であっても、アトピーや糖尿病の影響により、若くして発症する方もいます。日本は高齢化が進む一方で、健康寿命も伸びています。健康であっても視力が悪くなり、その原因が白内障であるという患者さんはますます増えていくでしょう。この記事を通して、白内障に関する正しい理解が進めばと思います。

白内障はカメラのレンズと同じ

眼科学第2版によれば白内障の定義は「水晶体の一部または全体が様々な原因で混濁する疾患の総称」と書いています。そこで、眼科医は白内障という病気をカメラのレンズに例えて説明しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラのレンズは長く使用していると、丁寧に使っていたとしてもレンズには傷が入ってしまいます。このレンズを通して写真を撮ると、写真は白くぼやけて見えますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

これと同じことが、目で起きると白内障という状態になります。カメラのレンズ→目の水晶体に置き換えて考えると分かりやすいです。

白内障は80歳以上で100%!?

冒頭でも少し述べましたが、年齢が上がってくるにつれて白内障の患者さんは増えてきます。実際、日本における水晶体混濁(白内障)を認める患者さんは50歳代で37~54%、60歳代で66~83%、70歳代で84~97%、80歳以上では100%と報告されています。そして、70歳以上の30%以上が白内障の手術が必要あるいは治療済みだとされています。

「80歳以上で100%なら80歳以上は全員治療をした方が良いの?」

と思われた方もいらっしゃると思いますが、答えは下の『白内障の治療』に書いてありますので、そのまま読み進めてください。

白内障の原因は加齢だけじゃない!?

白内障の原因は加齢によるものがほとんどですが、加齢以外にも白内障の原因となるものがあります。僕が書いた『白内障にリスクをまとめてみた』という記事でもまとめています。教科書的に重要な白内障の危険因子は

  • 喫煙(量が増えればリスクが上がる)
  • 紫外線
  • 放射線
  • ステロイド
  • アロプリノール、抗精神病薬、ピロカルピン点眼
  • 糖尿病
  • BMI高値

などがあります。

白内障ではかすむ、まぶしい、ぼやける

白内障の状態になると、水晶体で光が散乱します。ものがまぶしく見えるなどの症状が出現し、進行すると視力低下をきたします。これが白内障という状態です。このように白内障では

  • 視力が下がる視界全体が霞(かす)んで見える(霧視)
  • ライトがまぶしい(羞明)
  • 物が二重に見える(単眼性複視)

などの症状を認めることがあります。とはいえ、白内障の程度が軽ければ特に治療の必要ありません。3ヶ月、6ヶ月に1回の経過観察で十分でしょう。しかし、白内障の程度が強く、これら自覚症状が強いならば、治療が必要になります。

白内障の治療

現在、白内障の治療として一般的に行われている治療は、2種類あります。

①目薬で進行を抑える

白内障で使う目薬は、白内障を治すのが目的ではなく、白内障の進行を抑えるのが目的になります。

②手術で人工のレンズを入れる

白内障を治すには手術を必要する必要があります。自分の水晶体の代わりに、新しい人工のレンズを入れることになります。

患者さんの状態に合わせて、この2種類の治療方法を選択します。 詳しくは『白内障の治療前に知ってほしいこと』に書いていますのでそちらも参考にしてください。少し記事の内容を説明しますと、僕が外来で白内障の手術をおススメする際に大事にしていることが下記の3つです。 この3つのうちいずれかでも当てはまれば手術をおススメしています。

1.運転免許を更新できる視力かどうか
具体的には両目で0.7、片目で0.3出ていれば良しとしています。

2.自覚症状(まぶしい、かすみ)が強い

3.放っておくと手術の難易度が上がってしまう

これが先ほどの「80歳以上で100%なら80歳以上は全員治療をした方が良いの?」の答えです。この3つの条件に当てはまっていれば手術をした方が良いですし、逆に当てはまるものが1つもなければ手術はしなくてよいと思います。

白内障を予防する食事、サプリメントがある!?

患者さんの中には医者嫌い、薬嫌いの方がいます。僕は医者ですから、白内障には最低でも目薬、根本的に治すには手術しかないと思っていますが、時々、「食事で白内障に効くものはないか」と聞かれることがあります。そんな方には 「1日7mg以上を食べ物とサプリから取る」ことをおススメしています。具体的には

  • アーモンド16〜17粒
  • べにばな油大さじ2杯

ですが、足りない分はサプリメントで補充するのが良いでしょう。

おわりに

白内障は高齢化社会に伴い、今まで以上に白内障治療を受ける患者さんは増え続けると思われます。おじいちゃん、おばあちゃんが白内障になったら、この記事を読んで正しい知識を身につけてください。そして、白内障の進行を未然に防ぐため、喫煙などをしている方はタバコをやめ、ビタミンEなどを適度にとることをおススメしています。そして、進行していないかを確認するために定期的な眼科受診をすることも重要です。白内障の治療が手遅れにならないよう、この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

参考文献

  1. 眼科学第2版
  2. 日本眼科学会(目の病気白内障)HP

ABOUT ME
doctorK
学生時代より執筆活動を始め、現在まで500本以上の医療記事を執筆しました。現在は眼科医として勤務しながら、自身の記事をアップするため『オンライン眼科』を設立しました。お仕事依頼は問い合わせページからお願いいたします。