目の病気

眼精疲労

「ここ最近、残業が続いて目が疲れてきたな」という悩みを持つ方が増えてきており、その原因の一つに VDT作業(ディスプレイを持つパソコン、スマホなどによる作業)が挙げられています。厚労省の調べによれば1日あたりVDT(visual display terminal)に割く時間は年々増加傾向であり、下記の表は少し古い調査にはなりますが、およそ半数は4時間以上、25%は6時間以上をVDTに時間を費やしています。現在はパソコン、スマホが仕事の主流となりつつありますから、さらに眼精疲労を訴える患者さんは増えるでしょう。そこで、この記事では眼精疲労についてまとめています。

VDT作業とその対策 – 労働者健康安全機構

眼精疲労って何?

日本眼科学会のHPによると、眼精疲労とは「視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態」を眼精疲労と言います。つまり、パソコンやスマホを長時間続けていると、目の疲れ・目が見えづらいなどの症状を訴え、さらには頭痛や肩こりなどの目以外の症状も現れ、睡眠をとっても十分に良くならない状態を眼精疲労と言います。

眼精疲労の原因

眼精疲労が何か分かっていただきましたか?眼精疲労にならないためにはその原因を知る必要があります。最初の章で説明した通り、眼精疲労は目を長時間使う時に起こります。ですから、パソコンやスマホなどが原因となるのは想像に難くないと思います。

また、そもそも物が見えづらい時、具体的には白内障などの目の病気がある時、私たちは物を見るため余計に目を酷使してしまいます。ですから、白内障等があると眼精疲労が起きやすいということが言えます。これら以外にも、全身疾患に伴うもの・心因性のもの・環境によるものなど、眼精疲労をもたらす要因は非常に多岐にわたることが知られています。

眼精疲労の主な症状

眼精疲労の症状は患者さんによって異なり、僕も外来をしていると「目が疲れる」といったものから、「肩がこる、めまいがする」など、様々な症状を訴えて来院されます。どれも眼精疲労の症状として間違いありません。その他にも下記のような症状があります。

  • 目が疲れる、ぼやける、かすむ
  • 目が痛い、充血する
  • 目が重い、しょぼしょぼする
  • まぶたがピクピクする
  • まぶしい
  • 涙が出る
  • 肩こり、倦怠感
  • 頭痛
  • めまい、吐き気

これらの症状が当てはまる方はもしかしたら眼精疲労かもしれません。しかし、安易に自分で眼精疲労と診断するのは危険です。また、これら症状を複数合併することもあります。下表のようなデータも厚労省から発表されています。もし改善しないようであれば必ず眼科医に相談しましょう。

日本眼科医会HP

眼精疲労の治し方

眼精疲労の症状が軽いなら特に治療は必要ありません。しかし、眼精疲労で以下の症状が出ている方は治療が必要です。

  • 日常生活に何らかの支障をきたす(仕事に集中できないetc)
  • 身体的あるいは精神的な影響が出る

こういったとき

「眼精疲労を治すには目の周りのマッサージ!」
「眼精疲労には温かいタオルをあてる!」

もちろん一時的には良いと思います。しかし、まずは原因を特定して、その原因を除去しましょう。ただ単に眼鏡が合わなくなってきているのかもしれません。あるいは、白内障により視力が低下し、それがきっかけで眼精疲労になったのであれば白内障の治療をすることが望ましいでしょう。また、スマホやパソコンを使用する機会の多い人は、適度な休息を取りながら行うことが非常に大切です。残念ながら眼精疲労に特効薬はありませんが、ビタミン剤の配合された点眼薬が有効である場合もあります。また、市販ではアイマッサージャーなどの眼精疲労緩和グッズも売っていますし、マッサージや目を温めるのも一時的には有効でしょう。ご自身の症状に合わせてこれらを組み合わせて使うのも良いと思います。

おわりに

パソコンとスマホが必要不可欠な現代社会において、眼精疲労は切っても切れない仲です。この記事を読んでいただき、「自分の症状も眼精疲労による症状かもしれない」と思われたかともいることでしょう。目を温めて、マッサージをするだけでよくなる場合もありますが、眼精疲労の症状が改善しない場合は必ず近くの眼科を受診することをお勧めしますこの記事が皆さんの目の健康を促す一助になれば幸いです。それではまた次の記事でお会いしましょう!

参照

  1. 株式会社三和化学研究所
  2. くすりと健康の情報局
  3. 日本眼科医会HP
  4. 日本眼科学会(目の病気:眼精疲労)HP

ABOUT ME
doctorK
学生時代より執筆活動を始め、現在まで500本以上の医療記事を執筆しました。現在は眼科医として勤務しながら、自身の記事をアップするため『オンライン眼科』を設立しました。ライティングのオンラインサロン『医療ライターたち』への参加、お仕事依頼は問い合わせページからお願いいたします。