目に関するブログ

【眼科医解説】インサイドラインがNGな理由

ドクターK
ドクターK
インサイドラインって目に悪くないの?

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

まずは下記の画像をご覧ください↓

アイメイクをされる女性の方はご存知の方もいらっしゃると思いますが、これはGoogleの画像検索で”インサイドライン“と検索した時の写真です。

インサイドラインとは「まつ毛の生えぎわの赤いところにアイラインを入れ、目全体を大きく見せる方法」です。

女性は少しでも目を大きく見せようと努力されるみたいです。

しかし、

インサイドラインは眼科的には完全にアウト

「何がどうアウトなの?」

その理由を解説していきたいと思います。

参天製薬HPより拝借

参天製薬HPより引用

さて、この画像を見て、インサイドラインはどこにメイクしているか分かりますか?

イラストの赤丸がインサイドラインをする部位です。この部分は目の表面に接していることが分かりますね。

通常のアイラインでも、ドライアイや感染のトラブルになりますが、このインサイドラインは目に直接触れるため化粧品が目にトラブルを及ぼすリスクはグンと上がります。

具体的にはドライアイ感染症です。

後者の感染症は最悪の場合、最悪の場合失明する恐れがあります。

さらに、このインサイドラインをしている女性はカラコンをしている人も多いです。

カラコンも正しく管理しないと、ドライアイや感染症を引き起こします。

インサイドラインとカラコンの組み合わせは要注意

もちろん、カラコンをきちんと管理すれば安全に使えるので使うなとは決して言いません。

瞳を大きくしたい気持ちは分かりますが、失明してしまうリスクには変えられません。

美容関係の人はきちんと監修されていない方が少なくなく(きちんと監修されてる方ももちろんいます!)、また、個人がSNSやYouTubeで発信することができるようになったのもこのインサイドラインが広まった理由でしょう。

「こういった情報が出回ってしまうのは仕方がない。」というのは無責任かもしれませんが避けることはできません。

大事なのはその情報が正しいかどうかを確認することです。

この記事が皆さんの目のため、皆さんが大事にする女性(彼女や奥さん、娘さん)のためになることを願っています。

カラコンは正しく使わないとなる目の病気3選 と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。 はじめに 指原莉乃太田プロHPより引用 ...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!