勉強用

中心フリッカー値(CFF)測定

中心フリッカー値(CFF)とは

中心フリッカー値(CFF:critical fusion frequency)を測定することで視神経の機能評価を行える。対象となるのは視神経炎などの各種視神経疾患である。

CFFは視力よりも鋭敏に機能異常を検出できる。検査は視力の良い眼から始めるが、CFFは屈折異常や軽度の中間透光体の混濁の影響は受けないとされる。

近代式中心フリッカー値測定の実際

  1. まず装置の接眼筒を赤線まで引き出し検査を行う。
  2. 片眼を遮蔽したのち被験者に筒を覗かせ、内部の中央の指標が見えることを確認する。
  3. 初めに十分低い周波数で指標を見せ、指標がちらつくのが分かるかを確認する。
  4. 周波数を徐々に上げ、ちらつきが分からなくなったら合図させる。
  5. 周波数を50~55Hzまで上げて指標がちらついていないことを確認する。
  6. 逆に周波数をゆっくり下げ、再びちらつき始めた時点で合図をさせる。

⇒6の値をCFF値とする。

近大式中心フリッカー装置を用いる場合の基準値は以下の通り

正常値:35Hz以上
要検査:26~34Hz
異常値:25Hz以下

視神経炎の初期では視力よりも前にCFFが低下することが多い。逆に回復期では視力が完全に回復してもなおCFFが低下している。これを中心視力-中心CFF値解離現象という。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針 第3版
  2. 眼科検査ガイド

関連記事

視神経炎この記事では多発性硬化症なども合併しうる視神経炎について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
学生時代より執筆活動を始め、現在まで500本以上の医療記事を執筆しました。現在は眼科医として勤務しながら、自身の記事をアップするため『オンライン眼科』を設立しました。ライティングのオンラインサロン『医療ライターたち』への参加、お仕事依頼は問い合わせページからお願いいたします。