視神経・視路とその疾患

圧迫性視神経症

圧迫性視神経症とは

脳腫瘍や動脈瘤、甲状腺眼症などが視神経、視交叉、視索などを圧迫することで生じる。基本的には慢性進行性のためゆっくりと進行するが、出血や神経組織の代償が困難となる場合に急激な視機能低下を生ずる。視野異常のパターンは多種多様である。ステロイド薬加療により一過性に腫瘍が縮小し、視力が改善することがある。

参考文献

  1. 眼科学第2版
  2. クオリファイ7視神経疾患のすべて(専門医のための眼科診療クオリファイ)

オンライン眼科のサポート