眼科で行う治療

レーザー周辺虹彩切開術とレーザー隅角形成術

レーザー周辺虹彩切開術(LPI)

LPIとは

適応症例は下記の通りであり、その目的は前後房間の圧較差をなくすことである。

  • 原発閉塞隅角症(PAC)あるいはその疑い
  • 続発閉塞隅角緑内障
  • 色素緑内障

LPIの実際の方法

LPI前処置

レーザー照射1時間前アプラクロニジンを点眼し、その後2%ピロカルピン5分ごとに4回点眼する。レーザー照射部位は下記の部位を選んでいる。

  • 虹彩小窩のある虹彩厚が薄い部位
  • 老人環など角膜混濁が存在しない部位
  • 10-11時あるいは1-2時の部位(12時の部位は照射中にレンズに気泡が入ることが多いので避ける)

LPI手順

アルゴンレーザー(Abrahamレンズ、Wiseレンズなど)で第1,2段階、YAGレーザーで第3段階を行うことが多い。

  • 第1段階:虹彩を菲薄化させる。(レーザー設定例:200μm0.2sec200mWを5-6発)ただし、照射範囲を拡大しすぎない
  • 第2段階:全体的に虹彩が菲薄下領域の1点を穿孔させる。(レーザー設定例:50μm0.02sec1000mWを20-30発)症者数をできるだけ少なくし、将来的に水疱性角膜症にならないよう注意する。
  • 第3段階:虹彩穿孔部位をめがけて、YAGレーザーを照射する。(レーザー設定例:1.0-1.5mJを2-3発)

LPI後

LPI後はアプラクロニジン、ステロイド剤(消炎)、トロピカミド配合薬(虹彩癒着予防)を点眼し、ステロイド点眼のみ数日間使用する。ただし、APAC症例にはトロピカミド配合薬は投与しない。

※APAC症例は角膜上皮浮腫を伴うため、処置前に眼圧下降を図る必要がある。眼圧下降できれば浮腫は軽減し、透見性が上昇する。この際、瞳孔が正円であれば良いが、瞳孔不整であると周辺虹彩前癒着(PAS)が部分的に始まっている可能性がある。また、透見性が上昇しても、スペキュラマイクロスコープで角膜内皮細胞が減少していたり、滴状角膜があればLPIは施行せず、周辺虹彩切除術等を考慮する。もちろん、透見性が不良であれば、無理にLPIすることも避けた方が良い。

レーザー隅角形成術(LGP)

LGPとは

適応症例は下記の通りである。

  • プラトー虹彩
  • レーザー線維柱帯形成術を施行する前処置としてのPACを伴うPOAG症例
  • 隅角癒着解離術後の再癒着防止目的

LGPの実際の方法

LGP前後

LGP前後の処置はLPIと同様である。

LGP手順

成書によって条件は異なるが、アルゴンレーザー(設定:500μm0.2sec200mW)にて、半周25発を目安に、全周で50発施行する。熱凝固により処置後に凝固斑は拡大するので、1-2個分間隔を空けて虹彩周辺部に照射する。

参考文献

  1. あたらしい眼科Vol.37,No.2,2020

関連記事

緑内障概論この記事は緑内障概論を解説しています。緑内障概論を知りたい方は必見です。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!