眼科で行う治療

ボツリヌス治療

ボツリヌス治療の概要

2015年6月にボツリヌス毒素が12歳以上の全ての斜視に対して保険適用となった。外眼筋にA型ボツリヌス毒素(BTX-A)を注射すると筋の収縮力を弱め、斜視手術における筋の弱化・後転術に似た効果を得ることができる。

BTX-Aは運動神経末端でACh放出を阻害し、神経筋伝達を阻害することで、筋が麻痺し弱化する。効果は数日後から明らかになり3~4カ月間持続する。

ボツリヌス治療良い適用

  • 後天内斜視:内直筋へ注射
  • 甲状腺眼症:ステロイドパルス治療中であってもBTX-Aは可能だが、不活動期の甲状腺眼症に対しては注射単独の効果は弱く、反復注射が必要になることが多い。
  • 麻痺性斜視の急性期:1回の注射で済むことが多く、複視の早期改善が期待できる。
  • 手術のシミュレーション:術後に背理性複視
  • 大角度の斜視に対する後転術との併用:大斜視角の共同性斜視や甲状腺眼症、麻痺性斜視などと併用する。

逆に、間欠性外斜視は元に戻ってしまうためBTX-Aは適さない。

手術療法は最低6カ月間の症状の固定を待つ必要があるため、BTX-Aは急性期に介入可能である。

ボツリヌス治療のメリット・デメリット

ボツリヌス治療の手技

BTX-Aは生理食塩液で溶解する。液量が多いほど遠くまで広がり眼瞼下垂や上下斜視の副作用が出やすくなる。0.05mlで投与したい単位数となるように50単位製剤を溶解する。経結膜的に行う際は筋電図を用いる。筋電図の波形と音で反応を確認し、薬液を注入する。斜視手術と併用する際は手術前に直視下で注射を行う。

参考文献

  1. あたらしい眼科Vol37,8,2020

関連記事

眼科で行う治療この記事では眼科で行う治療をまとめています。詳細は各治療のリンクをご確認ください。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!