小児眼科

先天鼻涙管閉塞

先天鼻涙管閉塞とは

鼻涙管下部の鼻腔への開口部が閉じたままの状態が鼻涙管閉塞である。生まれながら鼻涙管閉塞があるものを先天鼻涙管閉塞という。発生頻度は、全新生児の6~20%で、生後1年までに9割ほどが自然治癒する。

先天鼻涙管閉塞の症状と検査、診断

生下時直後から流涙と多量の眼脂を訴えることが多い。

症状に合わせて、通水試験で通水不能ならびに分泌物の多量の逆流があれば確定診断としてよい。

先天鼻涙管閉塞の治療

自然治癒の可能性が高いため、乳児期には経過観察あるいは涙嚢マッサージのみの治療を行うことが多い。ただし、早期治癒を望む、結膜炎や眼瞼炎を伴う、涙嚢炎を発症した例には、早期にプロービングを行う。

プロービングにて改善することが多いが、改善しない場合には、シリコンチューブ留置術、涙嚢鼻腔吻合術を選択する。1-2回のプロービングによる開放と、その後の通水による涙点拡張を行う。

参考文献

  1. 子どもの眼と疾患 (専門医のための眼科診療クオリファイ9)
  2. 眼科学第2版

関連記事

小児眼科このページでは小児における眼疾患に関する記事のリンクを掲載しています。...

オンライン眼科のサポート