緑内障

ステロイド緑内障

ステロイド緑内障とは

ステロイドにより眼圧が上昇し、視野障害など視機能異常が生じる。これをステロイド緑内障という。このステロイド緑内障は誰にでも起こりうる病気であるが、特にステロイドレスポンダー(ステロイドに対して反応性が高い人で若年者に多い)で起こりやすいとされる。

眼圧上昇作用は抗炎症作用に比例し、デキサメタゾン≧ベタメタゾン>フルオロメトロンの順に高くなる。また、容量依存性があり、どんな投与経路でも生じうる

眼圧が上がる理由

ステロイドにより隅角線維柱帯細胞の貪食能の抑制やグリコサミノグリカン分解酵素の放出阻害などが原因となり、細胞外成分が増加し、その結果として房水流出抵抗が増大する。

ステロイド緑内障の診断

  1. ステロイド使用中眼圧上昇があれば本症を疑う。
  2. ステロイド中止眼圧が正常化すれば診断確定となる。

※ステロイドを使用してからどの程度の期間眼圧が上昇するかについてだが、トリアムシノロンだと9~12か月ほど眼圧上昇が持続するとされている。

ステロイド緑内障の治療

治療の基本は

  • 可能ならステロイド中止
  • 眼圧の程度や視野障害の程度に応じて点眼加療など検討

であり、この2つの基本に沿って治療を選択する。

1.薬物治療

眼圧上昇、あるいは視野障害があれば眼圧下降点眼薬、炭酸脱水酵素阻害薬内服(ダイアモックス®など)を使用する。

2.外科的治療

薬物治療の効果が不十分あるいは視野障害が進行している場合には手術を検討する。特に線維柱帯切開術が有効とされる。硝子体内にトリアムシノロンを注射している場合は、硝子体内に残っているであろうトリアムシノロンを除去をする必要がある。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

緑内障緑内障に関する記事をまとめています。...

オンライン眼科のサポート