水晶体とその疾患

後発白内障

ドクターK
ドクターK
・白内障手術した後に”白内障になる”ってどういうこと?

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

後発白内障とは

後発白内障は白内障手術後に発症します。白内障手術では白く濁った水晶体を取り除き、人工レンズを入れます。その人工レンズを支えるため嚢の部分を残しています。

この嚢に水晶体の細胞が再び増殖することがあり、「ぼやけて見える」「見えにくくなった」など視力低下をきたすことがあります。この状態を後発白内障と言います。

  • 線維性混濁:術後早期に生じる、前嚢切開縁周囲の白濁した混濁のこと。
  • Soemmerringリング:術後数年後に周辺部の水晶体前・後嚢に囲まれた領域がドーナツ状に膨れている。

columbia university HPより引用

  • Elschnig(エルシュニッヒ)真珠:眼内レンズ下後嚢上に生じるキャビア状の透明な混濁のこと。


    Eye Rounds.orgより引用

眼科医が説明する白内障この記事では白内障について解説しています。白内障について知りたい方は必見です。...

後発白内障の治療

後発白内障の治療はYAGレーザーで行います。処置は外来で5~10分程度で終わりますが、嚢の線維化の状態によってはそれ以上時間がかかることもあります。処置後に眼圧が上昇することもあるので、その予防のためアプロクロニジン塩酸塩の点眼薬を処置1時間前と直後に点眼する。

参考文献

  1. 眼科学第2版
  2. 今日の眼疾患治療指針 第3版

関連記事

水晶体とその疾患このページでは水晶体とその疾患についてのリンクを掲載しています。...

オンライン眼科のサポート