結膜とその疾患

アトピー性角結膜炎(AKC)

アトピー性角結膜炎とは

アトピー角結膜炎は顔面にアトピー性皮膚炎(AD)を伴う患者に生じることが多い角結膜炎である。ときに巨大乳頭(径1㎜以上の乳頭)のような増殖変化を認めることがある。似た疾患として春季カタルがあるが、春季カタルは成長に伴って寛解するが、アトピー性角結膜炎は成人を過ぎても遷延化することが多い。

アトピー性角結膜炎の症状

痒み、充血、眼脂、流涙などを主訴にする。さらに、角膜障害を合併すれば異物感、眼痛などを認める。

アトピー性角結膜炎の所見

アトピー性皮膚炎患者では結膜組織におけるアレルギー反応が強いため、好酸球やリンパ球、コラーゲンからなる乳頭増殖が発生する。重症例では瞼結膜に石垣状の巨大乳頭増殖が形成される。

アトピー性角結膜炎の併発症・合併症

アトピー性眼瞼炎、円錐角膜、白内障、網膜剥離、角膜ヘルペス、ドライアイなどを合併する。

アトピー性皮膚炎に伴う眼科アトピー性皮膚炎を患う患者さんは多くいます。特に罹病期間が長く、皮疹が頭部・顔面付近だと眼合併症の患者数は増加する傾向にあります。この記事ではアトピー性皮膚炎に伴う眼科疾患について解説しています。アトピー性皮膚炎に伴う眼科疾患について知りたい方は必見です。...

アトピー性角結膜炎の治療と予後

治療はアレルギー性結膜炎と同様で、巨大乳頭がある場合は春季カタルと同様の治療をする。アトピー性角結膜炎の病勢は顔面のアトピー性皮膚炎の症状に一致することが多い。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版
  2. 眼科学第2版

関連記事

結膜とその疾患このページでは結膜とその疾患についてのリンクを掲載しています。...
角膜とその疾患このページでは角膜とその疾患についてのリンクを掲載しています。...

オンライン眼科のサポート