緑内障

色素緑内障

色素緑内障とは

Zinn小帯と虹彩裏面の摩擦によって色素顆粒が散布され、隅角に沈着することで緑内障が生じる。白人に多く、日本人には稀とされる。近視の若年男性に多い。

診断は前眼部(角膜、水晶体、隅角)への色素沈着、虹彩萎縮、虹彩脱色素斑、周辺部虹彩の陥凹などがあれば色素緑内障を疑う。特に、角膜内皮への色素沈着は紡錘形でKrukenberg’s spindleという所見が特徴的である。

Eye Rounds HPより引用

治療は開放隅角緑内障に準じる。また、眼圧上昇がなければレーザー虹彩切開術で発症が予防できるとされる。

参考文献

  1. 眼科学第2版

関連記事

緑内障緑内障に関する記事をまとめています。...

オンライン眼科のサポート