網膜とその疾患

妊娠高血圧症候群(子癇前症/子癇)

妊娠高血圧症候群(子癇前症/子癇)とは

妊娠高血圧症候群(子癇前症/子癇)は妊娠後

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針 第3版

に起こり、高血圧、蛋白尿、浮腫を三徴とする妊娠合併症である。眼においては、急激に生じた高血圧によって高血圧性網膜症、脈絡膜症が起こる。同時に、妊娠による凝固亢進により、脈絡膜循環障害を認めることが多い。

妊娠高血圧症候群(子癇前症/子癇)の症状

全身状態悪化時に発症し、霧視や視野障害を生じることがある。

妊娠高血圧症候群(子癇前症/子癇)の診断

眼底検査で高血圧性変化を認める。また、脈絡膜循環障害により虚血部の網膜色素上皮が壊死し、その所見として黄色混濁病巣を認めるのが特徴的とされる。また、漿液性網膜剥離を伴うことが多い。

妊娠高血圧症候群(子癇前症/子癇)の眼底写真

妊娠高血圧症候群(子癇前症/子癇)の治療と予後

治療は安静および妊娠高血圧症候群に対する加療を行う。眼科的な積極的治療はない。妊娠の終了と血圧コントロールで速やかに回復する。また、網脈絡膜瘢痕化が黄斑部にかからなければ、視力予後は一般的に良好とされる。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針 第3版

関連記事

高血圧性眼底高血圧は目の血管に影響を与えます。この記事ではそんな高血圧性眼底について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!