眼腫瘍

副涙腺嚢胞

ドクターK
ドクターK
・副涙腺嚢胞ってどんな検査なの?

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

副涙腺嚢胞とは

副涙腺嚢胞とは、副涙腺であるWolfring腺、またはKrause腺から発生した嚢胞のことをいう。大部分がWolfring腺嚢胞である。

Wolfring腺は瞼板上縁付近にみられ、Wolfring腺の嚢胞は外傷、感染、結膜炎後に複数のWolfring腺が閉塞することが原因とされる。

副涙腺嚢胞の所見

副涙腺嚢胞は結膜円蓋部(正確には瞼板縁に癒着しており、上眼瞼に多い)に見られる薄いピンク色~白色腫瘤として認められる。好発部位は瞼板の中央から鼻側である。

1.自覚症状

自覚症状はなく、増大した腫瘤を認める。

2.他覚所見

A.前眼部OCT

結膜下に嚢胞襞を認め、内容物は低反射を呈している。

B.病理所見

Wolfring腺は2~3層の繊毛のない円柱上皮細胞からなり、結膜の開口部に近づくと多層化する。上皮内に杯細胞を認めることがある。

副涙腺嚢胞の治療

穿刺するだけでは再発することがあり、切除するのが基本となる。

参考文献

  1. あたらしい眼科2020 Vol37,No1

関連記事

結膜嚢胞この記事では結膜嚢胞について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!