全身疾患と目

心因性視覚障害

心因性視覚障害とは

精神的葛藤、心理的ストレスなどを契機に、視力等の視機能障害をきたすことがある。これを心因性視覚障害という。8-12歳の小児に多く、女児に多い。

心因性視覚障害の症状

視力障害が最も多く、視野障害、色覚障害などがある。通常は両眼性である。

心因性視覚障害の検査

視力検査にて0度の眼鏡で視力が眼鏡なしのときに比べて改善する(トリック検査)を行う。また、視野検査では求心性狭窄、らせん状視野、管状視野などを認めることがある。

心因性視覚障害の治療

親御さんには小児期に時折見られる現象であることを説明し、神経質にならないようにしてもらう。また、患者にも一時的なものであることを説明する。1-2年以上改善ない場合には、心療内科・精神科医と連携することもある。

参考文献

  1. 眼科学第2版

関連記事

全身疾患と目の疾患このページでは全身疾患のうち、目に症状が出る疾患についての記事のリンクを掲載しています。...

オンライン眼科のサポート