眼瞼とその疾患

瞼球癒着

瞼球癒着とは

下記原因により結膜上皮が障害され、球結膜と瞼結膜とが互いに癒着し、瞼裂縮小・変形、眼球運動障害・複視などをきたす。また、角膜上皮障害による視力低下を伴うこともある。

瞼球癒着の原因

など

瞼球癒着の治療

まずは原因に対する治療を行い、上記原因となりうる疾患がある場合には治療用コンタクトレンズを装用する。また、癒着して瞼裂の変形や眼球運動障害をきたした場合には、粘膜移植による結膜嚢形成術を考慮する場合もある。ただし、涙腺や結膜が広範囲、重度に障害されて、涙液分泌がない場合には、粘膜移植は無効であることもある。

瞼縁癒着

上下眼瞼が瞼縁に沿って癒着・癒合した状態を瞼縁癒着という。先天性と後天性があり、先天性は胎生期に癒着していた上下眼瞼が分離する際の遺残物であるのに対して、後天性は上述の瞼球癒着の原因あるいは、瞼縁部の外傷や腫瘍によるものがある。悪性腫瘍や先天性で視機能発達に影響しうるものは早急に手術加療を行う。

参考文献

  1. 眼科学第2版

関連記事

眼類天疱瘡類天疱瘡は粘膜が存在する臓器(眼、口腔、鼻咽頭、喉頭、食道、生殖器)に水疱やびらんが発生します。その類天疱瘡のうち、眼病変があるものを眼類天疱瘡と呼んでいます。この記事ではそんな眼類天疱瘡について解説しています。...

オンライン眼科のサポート