勉強用

眼類天疱瘡

眼類天疱瘡とは

類天疱瘡は粘膜が存在する臓器(眼、口腔、鼻咽頭、喉頭、食道、生殖器)に水疱やびらんが発生する。その類天疱瘡で、眼病変があるものを眼類天疱瘡と呼んでいる。明らかな病因・病態は不明だが、角膜上皮基底膜の接着成分に対する自己抗体を持つ患者が多いとされる。そのため、眼類天疱瘡は自己免疫疾患の一種と考えられている。

眼類天疱瘡の症状

軽度充血を主体とする慢性結膜炎(FosterⅠ期)

↓進行するとFosterⅢ期(FosterⅡ期は結膜円蓋部の短縮

  • 瞼球癒着や睫毛乱生(結膜嚢が次第に短縮する)
  • 鼻涙管の閉塞
  • ドライアイ(結膜杯細胞及びマイボーム腺の消失)

↓進行するとFosterⅣ期

角膜表面が角化し皮膚のようになる

Fosterの眼類天疱瘡臨床分類

Ⅰ期:慢性結膜炎、結膜組織の瘢痕性変化

Ⅱ期:結膜円蓋部の短縮

Ⅲ期:瞼球癒着、角膜への血管侵入、睫毛乱生、涙液分泌減少

Ⅳ期:眼表面の角化

眼類天疱瘡の診断

両眼性に角結膜上皮の慢性炎症が生じ、緩徐に角結膜の瘢痕性変化が進行することから疑う。抗緑内障点眼薬など上皮毒性を有する点眼薬の長期投与によって生じる偽類天疱瘡との鑑別に注意する。

眼類天疱瘡の治療

保存的治療が主体で、局所的に低濃度ステロイド点眼を用いて消炎を図る。その他、ドライアイや睫毛乱生の管理も行う。もし眼類天疱瘡の患者に白内障手術などの外科的治療を行う場合には炎症の増悪に注意する。術当日からステロイド、シクロスポリン、シクロフォスファミドなど内服を用いて消炎しておく必要がある。術後、癒着や角化が急激に進行する場合がある。もし急性増悪した場合には、ステロイド内服で治療する。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

瞼球癒着瞼球癒着では結膜上皮が傷害され、球結膜と瞼結膜とが互いに癒着し、瞼裂縮小・変形、眼球運動障害・複視など様々な症状を呈します。この記事ではそんな瞼球癒着について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
学生時代より執筆活動を始め、現在まで500本以上の医療記事を執筆しました。現在は眼科医として勤務しながら、自身の記事をアップするため『オンライン眼科』を設立しました。お仕事依頼は問い合わせページからお願いいたします。