結膜とその疾患

クラミジア結膜炎

クラミジア結膜炎とは

Chlamydia trachomatis感染による結膜炎で、トラコーマ封入体結膜炎に大別される。性行為感染症(STD)の一種としても知られる。

トラコーマ

トラコーマは再感染が繰り返されて免疫学的機序が加わることで重症化するとされる。戦後大流行したが、衛生環境改善のため現在の日本ではほとんど見ないが、発展途上国ではいまだに多くの患者がいる。

トラコーマの診断

トラコーマは約1週間の潜伏期間をおいて急性に発症する。眼瞼腫脹、結膜充血、浮腫、耳前リンパ節腫脹を伴う。眼脂は粘液膿性乳頭増殖と濾胞形成が始まり、濾胞は徐々に増大する。角膜上方に浸潤と血管侵入(パンヌス)が起こる。輪部濾胞が吸収されると陥凹(Herbert’s pit)を残す。

炎症の消退後、結膜瘢痕、眼瞼内反、角膜混濁などを残し、視力が障害される。この臨床経過は下記のMacCallan分類としてまとめることができる。

臨床経過(MacCallan分類)
  • 初期トラコーマ
  • 確立したトラコーマ
    • 濾胞増殖型
    • 乳頭増殖型
  • 瘢痕性トラコーマ
  • 瘢痕治癒トラコーマ

封入体結膜炎

クラミジア感染により発症する結膜炎で、感染した結膜上皮細胞内に封入体(Prowazek小体)を形成する。病巣がパンヌスや瘢痕を形成しないことを特徴とするためトラコーマとは区別される。封入体結膜炎は新生児封入体結膜炎と成人型封入体結膜炎に分けられる。

新生児封入体結膜炎

新生児は母体が持つクラミジアに産道で曝露あるいは前期破水による上行性に子宮内へ感染することで、生後1週間前後(5〜12日)で新生児封入体結膜炎を発症する。母親が子宮頸部に罹患している場合、児に発生する頻度は18〜50%とされる。

眼瞼腫脹、瞼結膜の充血、混濁が起こり、ビロード状を呈する。眼脂は粘液膿性~膿性で量が多い。結膜下の腺様組織未熟なため濾胞形成はない。しかし、新生児であっても発症から2か月以上経過し、慢性化したものでは濾胞形成がみられるとされる。しばしば偽膜性結膜炎となる。約半数は上咽頭のクラミジア感染を合併し、ときに肺炎に進展する。

成人型封入体結膜炎

成人は尿道炎や子宮頸管炎などの性器クラミジア感染症から手指を介して感染し、成人型封入体結膜炎を発症する。眼瞼腫脹、耳前リンパ節腫脹を伴う急性濾胞性結膜炎で、3~4週間で濾胞は大きく充実性となり、癒合して堤防状を呈する。

咽頭クラミジア、性器クラミジアを併発している例が少なくない。流行性角結膜炎との鑑別はマイクロパンヌスの所見で、封入体結膜炎では病初期から認める。流行性角結膜炎の角膜上皮下混濁様の所見を認めることがあるため注意が必要。

診断:ギムザ染色で結膜上皮細胞に封入体+
その他、モノクローナル蛍光抗体による抗原検出法、PCR分離培養なども行われる

クラミジア結膜炎の治療

マクロライド系、テトラサイクリン系、フルオロキノロン系点眼薬を1時間、軟膏なら1日5回で6~8週間投与する。性器クラミジア、咽頭クラミジアあるならアジスロマイシン内服も行う。

参考文献

  1. 細隙灯顕微鏡用語活用アトラス事典
  2. 眼科学第2版
  3. クオリファイ5全身疾患と眼(専門医のための眼科診療クオリファイ)

関連記事

眼科臨床実践講座2019〜細菌感染に対する抗菌薬の使い方〜 今回の記事は眼科実践講座2019の細菌感染に対する抗菌薬の使い方についてまとめた記事です。 眼感染症の概論 ...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!