眼瞼とその疾患

閉瞼不全

閉瞼不全とは

瞬目・閉瞼時に瞼裂の閉鎖が不十分なために、眼球の外気への露出が残る状態を閉瞼不全という。閉瞼不全はドライアイ角膜感染を引き起こし、最悪の場合は角膜穿孔・失明につながることもある。

閉瞼不全の原因

  1. 眼瞼の形態変化によるもの
    :外傷、熱傷、手術等で眼瞼の瘢痕拘縮や眼瞼が欠損することで発症する。
  2. 眼瞼の機能不全(顔面神経麻痺)によるもの
    :先天性、Bell麻痺、Ramsay Hunt症候群、腫瘍、外傷、多発性硬化症、重症筋無力症、サルコイドーシスなどが原因となり、眼輪筋麻痺が起こる。上眼瞼は瞼縁が高位になるが、皮膚がたるみ(偽眼瞼下垂)、下眼瞼では下垂や外反が起こる。
  3. 眼球突出によるもの:甲状腺眼症、眼窩腫瘍など

閉瞼不全の治療

原因に応じて治療を行う。

  1. 眼瞼の形態変化
    :瘢痕拘縮や眼瞼欠損の程度により術式は異なる。
    組織の欠損が1/4以下→単純縫縮が可能
    組織の欠損が1/4以上→単純縫縮不可能なら眼瞼再建術
  2. 顔面神経麻痺
    :麻痺は回復する可能性があり、その場合は対症療法でテーピングや点眼・眼軟膏による対応を行う。麻痺が固定した場合は手術を行う。a. テーピング:夜間の閉瞼不全や強い角膜上皮障害があれば、テーピングで完全に閉瞼する。日中の開瞼が必要な場合には、眉毛を挙上する方向と下眼瞼を耳側上方に牽引するようにテーピングをする。

    b. 人工涙液点眼・眼軟膏点入:人工涙液など角膜保護薬を点眼し、入眠時も開瞼が強い場合は眼軟膏を点入する。

    c. 手術:
    上眼瞼の眼輪筋麻痺→上眼瞼挙筋延長術
    下眼瞼の眼輪筋麻痺→lateral tarsal strip法、下眼瞼の楔状切除、耳甲介軟骨移植

  3. 甲状腺眼症や眼窩腫瘍:対症療法をおこない、根治には眼窩減圧や腫瘍摘出術を行う必要がある。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

甲状腺機能亢進症(Basedow病)に伴う甲状腺眼症甲状腺機能亢進症(Basedow病)によって甲状腺眼症が発症し、眼球が突出し、眼球運動障害、眼瞼腫脹などの症状が出現することがあります。この記事では甲状腺眼症について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!