ぶどう膜とその疾患

Posner-Schlossmann症候群(ポスナーシュロスマン症候群)

ドクターK
ドクターK
・Posner-Schlossmann症候群(ポスナーシュロスマン症候群)ってどんな病気なの?

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

Posner-Schlossmann症候群(ポスナーシュロスマン症候群)とは

Posner-Schlossmann症候群(ポスナーシュロスマン症候群) は片眼性、再発性に急激な眼圧上昇を伴う予後良好な虹彩炎である。

患者の前房からCMV(サイトメガロウイルス)が検出されたという報告もあるため、サイトメガロウイルス虹彩炎と同一、または一部重複する疾患ではないかという考えもある。

Posner-Schlossmann症候群(ポスナーシュロスマン症候群)の疫学

Posner-Schlossmann症候群(ポスナーシュロスマン症候群)の疫学的特徴は下記の通りである。

  • やや男性に多い
  • 20〜50代に多い
  • 人種差、HLA差別、地域差は特にない

Posner-Schlossmann症候群(ポスナーシュロスマン症候群)の診断

下記の所見から診断を行う。

  • 発作性の高眼圧が先行し、その後軽度の前房内細胞がある
  • 白色で色素を伴わない小~中型のKPs(角膜後面沈着物)が角膜中央から下方にかけて少数見られる
  • 瞳孔はやや散大している
  • 前房炎症は軽度である
  • 眼圧上昇による角膜浮腫は軽度である
  • 寛解期の眼圧:僚眼>患眼
  • 虹彩色素の濃さ:僚眼>患眼
  • 隅角は開放隅角で、PAS(周辺虹彩前癒着)や結節は認めない
  • 眼底に炎症所見はないが、発作を繰り返すと視神経乳頭陥凹拡大し、緑内障性視野障害をきたすことがある

Posner-Schlossmann症候群(ポスナーシュロスマン症候群)の治療

Posner-Schlossmann症候群(ポスナーシュロスマン症候群)の治療は下記の通りである。

  1. ステロイド点眼薬
  2. 眼圧下降点眼薬および炭酸脱水素酵素阻害薬内服

サイトメガロウイルスの関与も言われているが、感染症の治療を行わなくても寛解する。

眼圧上昇が著名なら炭酸脱水素酵素阻害薬の内服も処方する。繰り返す場合には、視神経乳頭の緑内障性変化を防ぐため手術加療をすることもある。

参考文献

 
  1. 今日の眼疾患治療指針第3版
  2. 日本眼科学会雑誌第123巻 第6号:ぶどう膜炎診療ガイドラインより

関連記事

ぶどう膜とその疾患ぶどう膜とその疾患について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!