角膜とその疾患

コンタクトレンズ(CL)による角膜障害

ドクターK
ドクターK
・コンタクトレンズ(CL)による角膜障害ってどんな病気なの?

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

コンタクトレンズ(CL)による角膜障害

コンタクトレンズ(CL)装用が原因もしくは誘因となる角膜障害である。

コンタクトレンズ(CL)による角膜障害の原因

コンタクトレンズ(CL)による角膜障害の原因は下記の通りである。

  • CL過長期装用
  • 誤使用]
  • レンズケア不足
  • レンズケア剤の不適合
  • ケア剤の消毒効果不足
  • レンズケース汚染

など

コンタクトレンズ(CL)による角膜障害の症状

コンタクトレンズ(CL)による角膜障害の症状は下記が考えれる。

  • 異物感・違和感
  • 眼脂
  • 充血
  • 眼痛
  • 霧視
  • 流涙
  • 視力低下

また、充血、眼脂、疼痛の3徴候あれば角膜感染症が疑わしい。

これら症状を伴うこともあれば、もちろん無症状のこともある。

コンタクトレンズ(CL)による角膜障害の診断

コンタクトレンズ(CL)による角膜障害の診断に役立つ特徴的な所見は6つある。

1.3-9時staining

角膜輪部付近に限局したフルオレセイン染色像で、HCL装用者Steepなレンズを装用している患者に見られる。

2.Smile mark pattern

スマイルマークに似たフルオレセイン染色像で、SCL装用者のドライアイに見られる。

3.上方角膜孤状病変(SEAL:superior epithelial arcuate lesion)

硬い素材のSCL装用時、角膜上方周辺部に輪部と並行するような弧状の角膜上皮障害が生じる。

4.リング状角膜上皮staining

シリコンハイドロゲルレンズとケア剤の不適合の際に見られる。

5.角膜浸潤

非感染性(機械的刺激)、感染性など原因は様々である。

6.感染性角膜浸潤

充血、眼脂、疼痛を生じると感染性角膜浸潤が疑われる。

コンタクトレンズ(CL)による角膜障害の治療

コンタクトレンズ(CL)

による角膜障害の治療

  1. まずCL中止する。
  2. 非感染性の場合は人工涙液、ヒアルロン酸点眼薬などを用いる。
    ドライアイがあればドライアイ治療も行う。
  3. 感染性の場合は治療前に培養を行い、エンピリックに抗菌薬点眼薬を用いて治療を行う。原因菌判明後はde-escalationを行う。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針 第3版

関連記事

コンタクトレンズを付けたままシャワーに入ると失明する!?コンタクトレンズが普及し、便利になっている一方で、コンタクトレンズが原因のトラブルは増えています。そんなトラブルの一つにアカントアメーバ角膜炎があります。今回は温泉とコンタクトレンズに焦点を当てて、コンタクトレンズ管理の重要性を解説しています。タイトルに疑問を持たれた方は必見です。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!