目の病気

間質性腎炎ぶどう膜炎症候群(TINU症候群)

間質性腎炎ぶどう膜炎症候群(TINU症候群)とは

間質性腎炎ぶどう膜炎症候群(TINU症候群)はぶどう膜炎および間質性腎炎合併する。眼の主な炎症部位は前房、硝子体、眼底で、両眼性に発症する。発症は緩徐だが、時に急性に再燃することがある。に多く、若年、特に10〜30代に多いとされる。その他は疫学的特徴はない。

間質性腎炎ぶどう膜炎症候群(TINU症候群)の眼所見

肉芽腫性の汎ぶどう膜炎で、前眼部炎症が主で、角膜後面沈着物は微細なことが多いが、豚脂様のこともある。虹彩にはKoeppe結節が見られることがあり、虹彩後癒着を伴うこともある。硝子体混濁はびまん性が多いが、雪玉状のこともある。視神経乳頭の発赤・腫脹、網膜血管の拡張・蛇行を認めることもある。

間質性腎炎ぶどう膜炎症候群(TINU症候群)の検査所見

  • β2ミクログロブリン上昇
  • NAGの上昇
  • 腎機能障害(BUN,Crの上昇)

間質性腎炎ぶどう膜炎症候群(TINU症候群)の鑑別疾患

  • サルコイドーシス:採血、尿検査、胸部Xpで鑑別を。

間質性腎炎ぶどう膜炎症候群(TINU症候群)の治療

  • 軽症→ステロイド点眼薬+散瞳薬
  • 重症→上記+ステロイド内服

参考文献

  1. 日本眼科学会会報誌123巻6号

関連記事

https://doctork1991.com/2020/03/24/sarcoidosis/


ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!