目に関するブログ

眼内コンタクトレンズ(ICL)は本当に安全なのか

皆さんは眼内コンタクトレンズをご存知ですか?僕のブログを見てくれている方は下の広告見たことありますよね。

これって本当に安全なのかって思ったことありませんか?僕も気になったので論文を調べてみました。

論文の内容

今回の論文は2016年にMark Packerらが発表した論文です。タイトルは

Meta-analysis and review: effectiveness, safety, and central port design of the intraocular collamer lens

眼内コンタクトレンズの効果や安全性、中央ポートのデザインについてのメタ分析(複数の分析をさらにまとめた信頼度が極めて高い分析)です。

早速ですが結論です。

「Given the significant improvements in vision and quality of life made possible by the ICL, and the high degree of patient satisfaction associated with its use, the benefits of ICL implantation continue to outweigh the risks.」

直訳すると

眼内コンタクトレンズ(ICL)によって可能になった視力と生活の質の大幅な改善、およびその使用に伴う患者の高い満足度を考えると、ICLの利点はリスクを上回り続ける。

ようです。

ただし、まだ日本で取り入れられて間もない治療方法ですからなかなか研究も経過が短くなってしまいます。

日本でも一般的になるにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、レーシックに変わる治療になるとも期待されています。

参考文献

Clin Ophthalmol. 2016; 10: 1059–1077.

関連記事

【2020年度】眼科医が眼内コンタクトレンズ(ICL)を徹底解説!眼内コンタクトレンズを行う人が増えてきています。眼内コンタクトレンズはとても良い治療ですが、メリットもあればデメリットももちろんあります。費用も安くありません。この記事ではそんな眼内コンタクトレンズに関する情報を解説しています。眼内コンタクトレンズに興味がある方は必見です。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!