目に関するブログ

オルソケラトロジーについてまとめてみた

昨日は『眼内コンタクトレンズについてまとめてみた』という記事を書きました。今日はまとめてみたシリーズ第2弾として、オルソケラトロジーについてまとめてみました。

さて、皆さんはオルソケラトロジーをご存知ですか?

日中を裸眼で生活できるなんて嘘っぽい
ななし
ななし

と思われてる方も少なくないでしょう。この疑問を解決すべく記事を書いていますので、このまま続きをご覧ください。

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーは「特殊なハードコンタクトレンズを寝ている間に使い、睡眠中に角膜の形を強制することで、日中を裸眼で過ごすことができる矯正方法」です。

最近、眼科でよく見かけるようになったオルソケラトロジーですが、その歴史は意外と長く、アメリカでは30年以上前から使用されている治療です。

アメリカで使用されて以降、世界中でその有効性と安全性が確認され、日本でも2009年から厚生労働省に承認されています。

さらに、 日本コンタクトレンズ学会オルソケラトロジーガイドライン委員会が作成するオルソケラトロジーガイドライン第2版によれば20歳未満は慎重投与ではありますが、 2017年12月には子どもにも処方することができるようになりました

オルソケラトロジーの特徴

オルソケラトロジーの特徴は以下の通りです。

  1. 日中は眼鏡、コンタクトレンズなしで生活できる
  2. コンタクトレンズを付けてから効果が出るまでは数日から数週間かかる
  3. 最低でも6時間以上の睡眠をとる必要がある
  4. 手術ではないため、コンタクトレンズを外せば元の状態に戻る
  5. 近視抑制効果が期待できる
    (詳細は『 子どもにオルソケラトロジーって効果あるの? 』を参考にしてください)

オルソケラトロジーとよく比較される矯正方法として、レーシックという矯正方法があります。レーシックとオルソケラトロジーの大きな違いは、レーシックが不可逆的な矯正方法である一方で、オルソケラトロジーは可逆的な矯正方法であることです。

不可逆的というのは元に戻らないという意味で、レーシックは手術ですから、一度行うと元の状態には戻りません。しかし、オルソケラトロジーはコンタクトレンズですから、コンタクトレンズを外せば徐々に元の状態に戻ります。これがレーシックとオルソケラトロジーの大きな違いです。

オルソケラトロジーの適応

オルソケラトロジーの適応について色々なHPで取り上げられていますが、これに関してはガイドラインを見るのが良いでしょう。 日本コンタクトレンズ学会オルソケラトロジーガイドライン委員会 のオルソケラトロジーガイドライン第2版を簡単にまとめると

  1. 20歳以上が原則(20歳未満は慎重処方)
  2. 屈折値が安定している近視、乱視の屈折異常
  3. 軽度~中等度の近視、乱視(詳細はガイドラインを参照)
  4. ドライアイ等の目の病気がなく、角膜内皮細胞密度≧2000/mm²

つまり、「目の病気がなく、最近変化がない軽度~中等度近視あるいは乱視のある成人以上の患者」がオルソケラトロジーの適応ということになります。

オルソケラトロジーの安全性

オルソケラトロジーができそうだということが分かった方の中には、「オルソケラトロジーって安全なの?」と思われた方も少なくないと思います。

実は、以前僕が書いたブログ『オルソケラトロジーは安全かどうか調べた研究』で、オルソケラトロジーの安全性については説明しています。

オルソケラトロジーは”きちん”と使えば安全

とのことでした。この”きちんと”というのが重要です。

”きちんと”使い方を守って、”きちんと” 定期的に眼科を受診する

これがオルソケラトロジーの安全性確保のためには重要になります。20歳未満の場合ですと、視力が安定しないこともありますが、この”きちんと”使えない場合があるため慎重に使用することが適応基準に組み込まれている理由です。

おわりに

オルソケラトロジーという治療について理解していただけましたか?オルソケラトロジーが子どもでも使用可能になったことがきっかけとなり、オルソケラトロジーを扱う眼科は増えました。しかし、まだ日本でオルソケラトロジーが承認されて10年ほどしかたっていません。

今のところオルソケラトロジーは安全だとされていますが、さらに20年、30年使用するとどうなるか、そのデータは揃っていません。とはいえ、日中裸眼で過ごすことができ、寝ているときに矯正が完了するため、非常に満足度の高い矯正方法だと実感しています。

皆さんの中でオルソケラトロジーに興味がある方はこの記事を参考にしていただくのと同時に、自分の信頼できる眼科医の下で治療をすることをおすすめします。それではまた次の記事でお会いしましょう!

参考文献

関連記事

【2020年度】眼科医がレーシックを徹底解説!レーシックについて皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?レーシックは痛ましい事件もあり、その後から悪いイメージも持たれるようになりました。そこで、この記事ではレーシックについて解説することにしました。レーシックについて知りたい方は必見です。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!