目の病気

咽頭結膜熱(プール熱、夏かぜ)

咽頭結膜熱とは

咽頭結膜熱(PCF)は,アデノウイルスが原因で生じる伝染性感染性結膜炎で、別名は「プール熱」あるいは「夏かぜ」 などとも呼ばれています。小児に好発します。

咽頭結膜熱の三徴候

  1. 急性濾胞性結膜炎
  2. 咽頭痛
  3. 発熱

が揃うと咽頭結膜熱を疑います。

咽頭結膜熱の原因

咽頭結膜熱の原因はアデノウイルスB亜属の3、4、7型が代表的です。アデノウイルスが感染してから潜伏期間は4~6日とされています。

咽頭結膜熱の所見

濾胞性結膜炎:流行性角結膜炎(流行り目)でも同様類似していますが、咽頭結膜熱の濾胞性結膜炎はより軽度であるとされています。

咽頭結膜熱の治療

治療と感染予防はEKCに準じ、プールは1か月禁止とする。

参考文献

  1. 細隙灯顕微鏡用語活用アトラス事典
  2. 眼科学第2版
  3. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

流行性角結膜炎流行り目は感染性が非常に強く、冬などに保育園や幼稚園などで蔓延することがあります。この記事ではそんな流行り目(流行性角結膜炎)について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!