目に関するブログ

ネクタイは緑内障を悪化させる!?

おはようございます、doctorKです。

さて、主にサラリーマンの方が付けているネクタイですが、このネクタイが眼圧を上げてしまうという研究を見つけましたのでご紹介します。

僕のブログではこのように日常生活で役に立つ、目に関する情報を専門書や論文を交えて分かりやすく説明しています。

眼圧と緑内障の関係

眼圧は目の中の圧力で、目の硬さを保つために重要な役割をしています。この眼圧の高さは緑内障と密接な関係があり、眼圧をコントロールすることが緑内障治療には重要とされています。

眼圧は1日のうちでも変動し、姿勢でも変動するため、日常生活に密接な関わりがあります。変動する点では高血圧と近いかもしれません。

ネクタイが緑内障を悪化させる!?

にわかには信じがたい事実ですが、サラリーマンの方でネクタイ着用が義務付けられている方はこの論文を持っていけばネクタイしなくてもよくなるかもしれません。

今日紹介する論文は2003年にC Tengらが発表した論文で、タイトルは『Effect of a tight necktie on intraocular pressure』です。

対象は全40名で、20名が健常者、残り20名が開放隅角緑内障の方で、オープンカラーシャツを着用3分後にネクタイをキツく締め、その3分後にネクタイを緩めてもらい眼圧(IOP)を測定します。結果は、

Mean IOP in normal subjects increased by 2.6 (SD 3.9) mm Hg (p=0.008, paired t test; range −3 to +14 mm Hg) and in glaucoma patients by 1.0 (1.8) mm Hg (p=0.02, paired t test; range −2 to +4.5 mm Hg). In normal subjects, IOP in 12 eyes was increased by ⩾2 mm Hg and in seven eyes by ⩾4 mm Hg. In glaucoma patients, IOP in six eyes was increased by ⩾2 mm Hg and in two eyes by ⩾4 mm Hg.

とありますが、これらをまとめますと

  • 健常者では平均して眼圧は2.6mmHg増加し、緑内障患者でへ1.0mmHg増加した。
  • 健常者のうち12名は2mmHg以上増加し、7名は4mmHg以上増加した。
  • 緑内障患者のうち6名は2mmHg以上増加し、2名は4mmHg以上増加した。

となります。この結果を見ると、健康な人も緑内障の方もいずれもネクタイをすることで眼圧が上昇しています。そして、この眼圧は緑内障の発症と悪化に影響を与えるため、ネクタイが緑内障を悪化させるかもということが言えます。

ネクタイで眼圧が上がる理由

でも、どうしてネクタイで眼圧が上がるの?と疑問を持った方もいらっしゃると思いますので、著者らの仮説を紹介してこの記事をおしまいにします。著者らによれば、

We hypothesise that the mechanism for the increased IOP is that the tight necktie constricts the jugular vein, thereby causing elevated venous pressure and thus elevated episcleral venous pressure, in turn elevating IOP.

訳すと、「IOPが増加するメカニズムは、タイトなネクタイが頸静脈を圧迫し、それによって静脈圧上昇、さらに強膜上静脈圧が上昇し、眼圧が上昇する」とあります。補足すると、この強膜上静脈圧は眼圧の値を決める因子の1つです。

おわりに

この研究は40名とそれほど多くない方を対象にしており、あくまで参考程度でしょう。しかし、40名のほとんどの方がネクタイをきつく締めていることで眼圧が上昇しています。

ですから、特に緑内障の治療中の方は、ネクタイを締めるのはフォーマルな時だけにできるようしてもらってください。僕の記事が皆さんの目に役立てば幸いです。

それではまた次回の記事でお会いしましょう!

参考文献

British journal of ophthalmology 87 (8), 946-948, 2003

関連記事

ブログ一覧アルコールとタバコが目に与える影響 タバコと緑内障の意外な関係 タバコは良い!?アルコールはダメ!?翼状片になりやすいリスクとは...

オンライン眼科のサポート