眼科で行う検査

OCTアンギオグラフィ(OCTA)

OCTAの目的

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性など循環異常や異常血管検出に有効。同目的でFAGやIAGは造影剤を行うが、これらは造影剤を用いるため、造影剤アレルギーなど副作用のリスクがあった。OCTAによって造影剤を使用せず、非侵襲的な検査が可能となった。

OCTAの対象となる疾患

OCTAの対象となる疾患については一部前述しているがここで下記に再度示す。

1.網膜循環異常をきたす疾患

  • 糖尿病網膜症
  • 網膜静脈閉塞症
  • 傍中心窩毛細血管拡張症

2.視神経循環異常をきたす疾患

  • 緑内障
  • 虚血性視神経症

3.脈絡膜新生血管を生じる疾患

  • 加齢黄斑変性
  • 近視性脈絡膜新生血管

OCTAの原理と特徴

眼底の同じ場所を繰り返し撮影し、信号の違いを集積する。その画像を再構築することで血管の画像を得ることができる。造影剤を使用せず評価できるが、現時点では画角が狭い、アーチファクトが多い、漏出所見が得られないなどの欠点がある。

著明な黄斑浮腫など網膜構造の異常が強い場合に、OCTAではセグメンテーションエラーが起こる場合がある。その場合には、本来評価すべき部位と異なる部位の血流が画像化されている恐れがある。

OCTAで描出される異常

  1. 糖尿病網膜症:毛細血管瘤や無潅流領域など
  2. 網膜静脈分枝閉塞症:急性期には火炎状出血や黄斑浮腫、慢性期には側副血行路や毛細血管瘤
  3. 加齢黄斑変性:脈絡膜新生血管

参考文献

  1. 今日の治療指針第3版

関連記事

眼科で行う検査この記事では眼科で行う検査をまとめています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!