眼科で行う検査

画像診断

レントゲン(Xp)

骨折・骨病変の診断に有用とされる。

対象となる疾患は眼窩顔面骨折、視神経間骨折、遺物、詳細不明の外傷などである。頭部外傷、特に受傷部位が眼窩の場合はWaters撮影(眼窩下壁に垂直に撮影し、上顎洞がよく観察できる)、上頬部など顔面に及ぶ場合は頬骨弓撮影、眉毛概則では視神経管撮影を追加する。

涙道造影

通水検査が陰性の流涙症の症例が対象となる。

CT

腫瘍、出血、組織の浮腫、骨の形態異常の検出のために行う。対象となるのは外傷、腫瘍、異物、急性炎症、後部強膜炎、外眼筋異常などが対象となる。視神経管損傷を疑っている場合には骨条件での撮影も依頼する。被曝するため若年者に繰り返し使用する場合は適応を検討する必要がある。

MRI

眼球・眼窩軟部組織の観察のために行う。視神経炎、うっ血乳頭、甲状腺眼症、眼窩腫瘍など。さらに腫瘍、炎症を疑った場合には造影剤を追加する。T2強調画像で高信号は水か血ということは忘れないように。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

デッドボールにご用心!眼の奥の骨折って? 今回は僕が属するLINEグループ『眼科ともだち』の@クラークR.T.さんに記事を提供していただきました。(参加できる眼科関係の医療関...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!