眼科で行う検査

眼科における超音波検査

眼内・眼窩を非侵襲的に観察できる。種類としては3種類あり、Aモード法とBモード法、UBM(ultrasound biomicroscopy)がある。

Aモード法

白内障手術の術前検査で眼軸長の計測に用いられる。

Bモード法

硝子体混濁、ぶどう膜・強膜病変、眼内腫瘍、眼窩病変を対象とする。悪性黒色腫では特徴的な減衰を示す。

UBM

毛様体など前眼部の画像診断、前房深度(ACD:Anterior Chamber depth)、隅角角度(TIA:Trabecular-iris angle)の定量的観察に適する。悪性緑内障、隅角鏡にて観察できない毛様体、虹彩内部などの異常が疑われる場合、緑内障、原発閉塞隅角症、プラトーアイリス症候群、ぶどう膜炎、眼内異物、眼内腫瘍、角膜混濁など

参考文献

  1. 今日の治療指針第3版

関連記事

http://doctork1991.com/test/


ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!