結膜とその疾患

瞼裂斑

瞼裂斑とは

瞼裂部の球結膜に角膜輪部を基底にして発生する、黄白色~白色の小隆起のことを瞼裂斑と言う。耳側よりの鼻側に発生することが多い。原因は不明だが、緯度の低い地域に好発するため紫外線との因果関係が推測されている。また、加齢とともに罹患率は増大傾向となったり、ソフトコンタクトレンズ装用者は擦れると充血しやすくなったりする場合がある。

瞼裂斑の症状

多くは無症状。時にドライアイ様の異物感、乾燥感をきたすことがある。高度になると局所的な角膜の菲薄化(delle)を生じることがある。また、瞼裂斑が進行すると翼状片をきたし乱視の原因を伴う、瞼裂斑部に炎症を生じて瞼裂斑炎をきたし充血、異物感を伴うこともある。

瞼裂斑炎とは

瞼裂斑に炎症が生じた状態で、瞼裂斑の周囲球結膜に充血が生じるため、比較的血管の乏しい瞼裂斑部は白色に見える。

瞼裂斑の治療

  • ドライアイの症状→角膜保護点眼薬
  • 瞼裂斑炎→低濃度ステロイド点眼薬、非ステロイド系抗炎症点眼薬

これら点眼薬が効果ない、あるいは整容的に目立つならば外科的切除(単純切除or有茎結膜弁移植術)を検討する。ただし、再発や不完全切除があり得るため説明しておく必要がある。

参考文献

  1. 眼科学第2版
  2. 細隙灯顕微鏡用語活用アトラス事典
  3. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

翼状片紫外線、加齢、男性、屋外従事者などで悪化する翼状片は農家の方やマリンスポーツ関係の仕事をしている方かなどに多い病気です。日中外で活動することが多い人はぜひこの記事を読んでみてください。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!