角膜とその疾患

再発性角膜びらん

再発性角膜びらんとは

角膜上皮びらんを反復して生じる状態を再発性角膜びらんという。生じた角膜びらんは数日以内に治癒するが、ある期間(1~2週間の場合もあれば、数カ月の場合もある。)をおいて再発する。

紙、爪などによる外傷が原因となり、角膜を接線方向に擦過する外傷が基底膜の異常を生じ、角膜上皮層が剥離するため起こる。ただし、感染性、炎症性疾患を除外する必要がある。上皮基底膜ジストロフィに続発している例もある。具体的には、角膜上皮基底膜ジストロフィ、ライス・ビュックラー角膜ジストロフィなどである。

再発性角膜びらんの症状

起床時の突然の眼痛が特徴で、それに伴い流涙が強い。

再発性角膜びらんの他覚所見

毛様充血と線状または類円形の角膜上皮びらんが主な所見となる。角膜中央部からやや下方に多い。上皮びらんが修復されると、基底膜異常が存在する角膜上皮には、微小嚢胞形成、上皮浮腫、水疱、糸状変化などがみられる。これをmad-dot patternということがある。

mad-dot patternの画像

再発性角膜びらんの治療

通常の角膜上皮びらんと治療法は変わらない。具体的には、上皮欠損修復促進のため角膜保護薬と、就寝前にタリビッド眼軟膏を点入する。さらに、症状に応じて眼帯や治療用コンタクトレンズを用いることがある。

これら保存的治療が奏効しない場合には外科的治療を考慮する。

外科的治療①デブリードマン

接着不良な上皮を除去する。生理食塩水を浸した綿棒あるいはMQAで異常な上皮を擦過して除去する。

外科的治療②角膜表層穿刺

角膜表層を25Gあるいは27Gを用いて、デブリドマンを行った上皮欠損部の実質浅層に穿刺する。作用機序は不明な部分も多いようだが、Bowman膜から実質に至る穿刺創を作ることでanchoring fibrilなどの生成が促され、上皮との接着機構が再構築されると考えられている。

外科的治療③PTK

難治性角膜びらんに対する切り札的な治療だが、十分な角膜厚が必要で、遠視化するリスクがある。また、PTKの実施可能な施設も限られている。

再発性角膜びらんの予後

基本的には自然治癒傾向とされる。再発のリスクは1年以上経ってからもあり得るため説明する必要がある。

参考文献

  1. 細隙灯顕微鏡用語活用アトラス事典
  2. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

遷延性角膜上皮欠損(PED)角膜上皮欠損が治らず、長期間続いてしまうことがあります。これを遷延性角膜上皮欠損と言います。原因は様々あり、治療に苦慮することもあります。この記事ではそんな遷延性角膜上皮欠損について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!