網膜とその疾患

網膜動脈閉塞症

網膜動脈閉塞症とは

網膜動脈閉塞症は網膜動脈の閉塞による網膜の虚血と壊死によって、重篤な視機能障害をきたす疾患である。動脈閉塞から100分ほどで不可逆性の変化が始まる。

網膜動脈閉塞症は網膜動脈の閉塞部位によって網膜中心動脈閉塞症(CRAO)と網膜分枝動脈閉塞症(BRAO)、毛様網膜動脈閉塞症に分類される。

原因は高血圧、動脈硬化、糖尿病などの全身疾患を持つ高齢者に多い。内頚動脈のアテロームや心腔内血栓が塞栓子になるとされる。その他にも、血管炎、感染症、外傷なども原因となる。若年者で発症した場合は血液凝固系異常、心疾患、先天異常などがみられることが多い。

網膜動脈閉塞症の症状

CRAOが起こると突然の視力低下や視野狭窄を訴えうる。BRAOでは閉塞部位に対応する視野欠損が起こる。

網膜動脈閉塞症の診断

眼底所見から診断は容易である。初期には閉塞領域の網膜が白濁し、動脈が狭細化する。CRAOでは中心窩だけは色調が保たれるため桜実紅斑(Cherry red spot)となる。数か月後にはこれら所見は消失する。BRAOや毛様網膜動脈閉塞症の白濁はやがて消失し、所見は分かりづらくなる。

この所見以外に原因となった塞栓の所在を検索することが重要となる。心疾患や内頚動脈の狭窄の有無、採血なども行う。

網膜動脈閉塞症の治療

CRAOは発症直後の治療が望ましいが、発症後1日以内であれば積極的に治療を行う。眼球マッサージ、前房穿刺、星状神経節ブロック、高圧酸素療法、薬物治療などが行われている。BRAOでも視力障害があれば同様の治療を行う。

薬物治療も下記の4剤を用いる。

  • 亜硝酸アミル(25ml/バイアル)1日1バイアル
  • ダイアモックス1回500㎎1日1回静脈注射1日
  • ウロキナーゼ静注用6万単位初期1日量6万単位~24万単位、以後は漸減し約7日間投与
  • オパルモン錠(5μg)6錠分3食後

網膜動脈閉塞症の予後

CRAOは不良で指数弁以下になることが多い。また、CRAOの18%に虹彩の新生血管が起こるとの報告もある。BRAOの80%は最終的に視力0.5以上となる。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

網膜静脈分枝閉塞症網膜静脈分枝閉塞症は40歳以上の有病率は約2.0%であり、リスクファクターは動脈硬化(年齢、喫煙、糖尿病、脂質異常症、高血圧)などが知られている。この記事では網膜静脈分枝閉塞症について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!