網膜とその疾患

Eales病(イールズ病)

ドクターK
ドクターK
・Eales病(イールズ病)について知りたい。

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

Eales病(イールズ病)とは

Eales病は若年性再発性網膜硝子体出血とも言い、その名の通り若年(20~30歳代)に多い、再発性の網膜及び硝子体出血をきたす疾患である。

網膜血管の炎症性疾患と考えられており、両眼性が50~90%と多くを占める。

Eales病(イールズ病)の病期

Eales病には下記のような病期がある。

初期:網膜毛細血管および網膜細動静脈における血管周囲炎が生じる。

炎症期:毛細血管瘤、網膜血管の拡張、蛇行、出血などを呈し拡大する

虚血期:無血管野を生じる。

新生血管期:新生血管のため硝子体出血、牽引性網膜剥離を生じる。

Eales病(イールズ病)の所見

1.眼底所見

  • 白鞘形成
  • 網膜前出血(水平縫線を超えることがありBRVOと鑑別が必要である)
  • 周辺部血管炎
  • 側副血行路の形成
  • 白鞘化した網膜血管

2.蛍光眼底造影検査の所見

血管炎は血管壁の染色と蛍光漏出無血管野と正常網膜の間にsea fan(海ウチワ)様の新生血管を認める。

3.その他所見

陳旧性例では線維血管増殖膜の形成や牽引性網膜剥離、黄斑上膜や黄斑浮腫、虹彩ルベオーシスを認めることもある。

Eales病(イールズ病)の診断

サイトメガロウイルス網膜症、結核、SLE網膜症、Coat病、他の炎症性疾患、網膜血管病変が除外できて初めて診断できる。

Eales病(イールズ病)の治療

経過は様々で、自然軽快する症例から失明する症例まである。進行例では下記加療を行う。

1.ステロイド剤投与

炎症所見があればステロイドは有効で、内服もしくはテノン嚢下注射が有効とされる。

2.網膜光凝固術

蛍光眼底造影検査を行い、無血管野があれば行う。新生血管の予防および退縮に有効とされる。

3.硝子体手術

硝子体出血が強い、または網膜剥離など網膜病変がある場合に行う。網膜硝子体癒着が強いため手術では注意が必要となる。

4.その他

抗凝固薬、血管強化薬を内服することがある。

Eales病(イールズ病)の予後

視力良好例は多いが、眼底後極部まで血管閉塞が進行すると視野障害を生じる。また、硝子体出血や網膜剥離、血管新生緑内障などを生じると視機能障害を呈することもある。

参考文献

  1. 網膜血管障害 (専門医のための眼科診療クオリファイ)
  2. 網膜診療クローズアップ 改訂第2版
  3. 眼科学第2版
  4. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

網膜・脈絡膜とその疾患このページでは網膜・脈絡膜とその疾患についてのリンクを掲載しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!