網膜とその疾患

中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)

ドクターK
ドクターK
・中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)ってどんな病気?

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)とは

中心性漿液性網脈絡膜症(CSC)は黄斑部に漿液性網膜剥離が生じ、視力低下や中心暗点などの症状をきたす疾患である。

漿液性網膜剥離の原因は、網膜色素上皮の血液網膜関門の破綻が起こり、ここを通して脈絡膜から網膜下腔に液体成分が漏出するため漿液性網膜剥離が生じるとされる。

30~50歳の男性に多く、片眼性が多い。原因は明らかではないが、ストレスやステロイドが増悪因子とされる。

中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)の症状

主な症状は視力低下や中心暗点、変視症、小視症である。

中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)の診断

  • 黄斑部に漿液性網膜剥離
  • 色素上皮剥離、剥離網膜後面の白色点状沈着物
  • FAの蛍光漏出部に一致した網膜下フィブリン沈着

上記が診断のポイントとなる。

1.FA

色素上皮レベルの点状蛍光漏出が基本所見とされる。造影初期には点状過蛍光、時間とともに拡大し、網膜下に貯留する。

2.インドシアニングリーン蛍光造影検査(IA)

脈絡膜血管の透過性亢進による造影中期の過蛍光が特徴的である。

3.光干渉断層計(OCT)

漿液性網膜剥離と色素上皮剥離が明瞭に描出される。

中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)の治療

有効性が確認されている薬物治療はないが、ほとんどの症例で視力正常または軽度低下のみで自然寛解する。

よって、基本的には経過観察を行うが、6か月を超える慢性移行タイプもある。

再発例で視力障害がある場合には中心窩外ならレーザー光凝固を行うこともあるが、慢性型は光凝固をしても再発が多いとされる。

なお、光凝固の程度は、網膜深層に淡い灰白色の凝固斑が得られるような弱凝固で行う。

中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)の予後

網膜下腔液が吸収されれば、症状の多くは改善するが、小視症コントラスト感度低下は残ることもある。また、慢性的に再発を繰り返す場合は視力不良例が多い。

参考文献

  1. 網膜硝子体case20study
  2. 今日の眼疾患治療指針 第3版

関連記事

加齢黄斑変性症(AMD)加齢黄斑変性症は主要先進国において失明原因の第1位で、日本でも第4位(70歳以上の高齢者で限定すると第1位)です。特に50歳以上の方で、物が歪んで見えたり、視野の真ん中の視力が下がったという症状がある方は一度眼科を受診しましょう。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!