目の病気

先天性サイトメガロウイルス(CMV)感染症

先天性サイトメガロウイルス(CMV)感染症とは

先天性CMV感染症はCMVに感染することで生じるが、日本人の約9割前後は出生時の経産道感染とその後の水平感染により、成人までに不顕性初感染する。抗体陽性の母体から胎児に経胎盤感染する頻度は0.2~2.2%で、妊娠中に初感染するのは20~40%、そのうち5~10%が先天性CMV感染症となる。先天性CMV感染症は低出生体重児、肝脾腫など全身症状をきたすが、眼症状としては網脈絡膜炎が主症状となる。初期の網脈絡膜炎は網膜後極部の血管走行に沿って滲出性の白色斑が出現する。ときに顆粒状の小滲出斑が周辺部に多発することもある。網脈絡膜炎が進行すると、白色病変は癒合し癒着する一方で、新たな滲出斑が出現することもある。末期の状態になると視神経萎縮や網膜剥離を生じることもある。この網脈絡膜炎の他に、無眼球、小眼球、乳頭形成異常、白内障を生じることもある。診断は生後2~3週間以内の尿からウイルスが分離培養されると確定診断となる。その他にも、臍帯血や新生児血のCMV IgM、PCRによるDNA検出を用いることがある。治療には抗ウイルス薬(ガンシクロビルとホスカルネット)があり、重症例に用いるが、副作用もあるため確立した治療法はない。

ガンシクロビルの副作用:30~50%に白血球減少があり、長期使用例で耐性株が出現しうる。

ホスカルネットの副作用:ガンシクロビル耐性株にも有効だが、腎機能障害に注意する。

参考文献

  1. クオリファイ5全身疾患と眼(専門医のための眼科診療クオリファイ)

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!