角膜とその疾患

肺炎球菌性角膜炎

肺炎球菌性角膜炎とは

肺炎球菌が原因の角膜潰瘍は匐行性角膜潰瘍で、角膜潰瘍が拡大しながら移動するのが特徴的な所見である。肺炎球菌性角膜炎の誘因は外傷(突き目、角膜異物)、コンタクトレンズ装用、老人の眼瞼内皮などが知られている。初期の角膜潰瘍は円形から類円形の白色病巣だが、拡大する際に進行縁(角膜辺縁の実質に膿瘍が形成されて強く白濁した部分)が形成される。

病変は一端が改善してもう一端が進行するために、這うように動いているように見える。

初期病変では進行縁不明なことも多い。完成された角膜潰瘍は進行縁を伴う、境界が比較的明瞭な楕円形の潰瘍で、Descemet膜皺壁、角膜内皮プラークおよび前房蓄膿を伴う。潰瘍が急速に進行すると、潰瘍部が菲薄化してDescemet膜瘤を形成し、時に穿孔することもある。

肺炎球菌角膜炎の前眼部写真

参考文献

  1. 細隙灯顕微鏡用語活用アトラス事典
  2. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

細菌性角膜炎コンタクトレンズ装用により細菌性角膜炎の患者は増加しています。この記事ではそんな細菌性角膜炎について解説しています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!