網膜とその疾患

Irvine-Gass症候群

Irvine-Gass症候群とは

白内障術後に生じる黄斑浮腫を特徴とする。硝子体牽引と前眼部の炎症がその発症に関与している。NSAIDsの治療が有効だが、ルセンティス®やケナコルト®の硝子体注入が有効との報告もある。

参考文献

  1. 網膜硝子体case20study

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!