目の病気

Wegener肉芽腫症(多発血管炎性肉芽腫症)

Wegener肉芽腫症(多発血管炎性肉芽腫症)とは

気道、腎臓、眼などの壊死性角膜炎肉芽腫性病変、全身諸臓器の壊死性血管炎、巣状壊死性糸球体腎炎を三主徴とする疾患で、30~50歳代が好発とされる。

Wegener肉芽腫症(多発血管炎性肉芽腫症)の眼症状

眼症状は40~80%に合併するとされる。具体的な合併症は下記の通り。

  • 前眼部:角膜辺縁部潰瘍、壊死性角強膜炎、虹彩ルベオーシス
  • ぶどう膜:ぶどう膜炎
  • 硝子体:硝子体出血
  • 網膜:網膜出血、綿花様白斑、血管閉塞、網膜炎症性変化、肉芽腫症性変化
  • その他:視神経炎症性変化、眼窩内肉芽腫による眼球突出、眼球運動障害、虚血性視神経症、眼瞼下垂など

Wegener肉芽腫(多発血管炎性肉芽腫症)の治療と予後

ステロイドあるいは免疫抑制薬の全身投与を行う。眼症状に対しては適宜点眼加療を行う。また、全身症状が寛解しても、視神経症や網膜血管炎、壊死性強膜炎による眼球穿孔、角膜辺縁潰瘍などにより視力障害が残る恐れがある。

参考文献

  1. クオリファイ5全身疾患と眼(専門医のための眼科診療クオリファイ)
  2. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

全身疾患と目の疾患全身疾患のうち、目に症状が出る疾患について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!