目の病気

MALTリンパ腫

MALTリンパ腫とは

MALTリンパ腫はB細胞性の悪性リンパ腫の中で、結膜、胃などの粘膜組織にみられるlow grade B-cell lymphomaをMALTリンパ腫という。MALTリンパ腫は結膜円蓋部に好発し、表面平滑なサーモンピンク色の腫瘤で、無痛性で徐々に拡大する。腫瘍細胞マーカーはCD5-,CD10-,CD20+,CD79a+,Bcl-2+,cyclinD1-である。

MALTリンパ腫の病理

  • Lymphoepithelial lesion(LEL)
  • 胚中心細胞に類似した異型細胞(CCL)
  • 形質細胞様分化所見
  • 単球様細胞
  • 腫瘍細胞がmarginal zoneを首座としてびまん性に増殖

 

参考文献

  1. 細隙灯顕微鏡用語活用アトラス事典

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!