全身疾患と目

MALTリンパ腫

MALTリンパ腫とは

MALTリンパ腫はB細胞性の悪性リンパ腫の中で、結膜、胃などの粘膜組織にみられるlow grade B-cell lymphomaをMALTリンパ腫という。MALTリンパ腫は結膜円蓋部に好発し、表面平滑なサーモンピンク色の腫瘤で、無痛性で徐々に拡大する。腫瘍細胞マーカーはCD5-,CD10-,CD20+,CD79a+,Bcl-2+,cyclinD1-である。

MALTリンパ腫の病理

  • Lymphoepithelial lesion(LEL)
  • 胚中心細胞に類似した異型細胞(CCL)
  • 形質細胞様分化所見
  • 単球様細胞
  • 腫瘍細胞がmarginal zoneを首座としてびまん性に増殖

参考文献

  1. 細隙灯顕微鏡用語活用アトラス事典

関連記事

全身疾患と目の疾患このページでは全身疾患のうち、目に症状が出る疾患についての記事のリンクを掲載しています。...

オンライン眼科のサポート