網膜とその疾患

(ヒドロキシ)クロロキン網膜症

クロロキン網膜症とは

クロロキンはマラリアに対する抗マラリア薬として用いられるが、マラリア以外にも慢性腎炎、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス(SLE)などに用いられたが、クロロキン網膜症をきたすとして現在は国内で販売はされていない。

しかし、2015年9月にヒドロキシクロロキン硫酸塩がプラケニル®として発売され、SLEあるいは皮膚エリテマトーデス(CLE)に対する治療薬として使われるようになった。これを機にクロロキン網膜症に関する知識を再確認する必要が出てきた。

また、報告により投与量や網膜症の診断に用いた検査、その基準などが異なるため、一概には言えないが、クロロキン網膜症の発症頻度は1%未満~数%とされている。5年以上の投与期間、薬剤投与量、高齢、腎機能・肝機能障害などが発症のリスクが高い。

クロロキン網膜症の症状と特徴

クロロキン網膜症は標的網膜症(bull’s eye maculopathy)が特徴的とされる。黄斑部に輪状の顆粒状色素変化を来し、進行すると眼底全体におよび、高度の視力低下、輪状暗点、視野狭窄、羞明、夜盲を生じる。

初期には中心窩反射消失、黄斑部の微細な顆粒状所見、脱色素斑を呈し、進行すると動脈の狭細化、視神経萎縮を生じる。また、渦巻あるいは線状の角膜混濁 、白内障(20~40%に後嚢下混濁を生じる)を生じうる。

クロロキン網膜症の検査

  • 視力検査
  • 細隙灯顕微鏡検査
  • 眼圧
  • 眼底検査
  • 色覚検査
  • 視野検査
  • SD-OCT(スペクトラルドメインOCT)
  • ERG

2016年米国眼科学会のガイドラインでは、視野検査とSD-OCTの両方を実施することが特に重要とされている。視野検査では10°以内で傍中心窩領域の輪状暗点で観察され、SD-OCTでは傍中心窩から黄斑辺縁領域にかけて網膜層における局所的な菲薄化を認める。

クロロキン網膜症の治療

早期発見と休薬が重要とされる。体外排泄が遅く、中止後も進行する恐れがあるため定期的な経過観察が必要である。

日本眼科医会によれば下記のように診察することが推奨されています。

眼科診察のタイミング

1.処方前

2.処方開始後は1年に1回

※下記リスクがある場合は6か月に1回など頻回に診察するのが望ましい。

  • 腎機能障害、肝機能障害
  • 累積投与量200g以上(1000gは要注意)
  • 視力障害がある
  • 高齢者

参考文献

  1. 眼科学第2版
  2. ヒドロキシクロロキン網膜症のスクリーニング(日本眼科医会)
  3. 専門医のための眼科診療クオリファイ5全身疾患と眼

関連記事

眼科の教科書に載っている、眼に影響が出る薬一覧眼科で処方された目薬が全身に影響を及ぼすこともあれば、逆に全身の薬が眼に影響することがあります。この記事ではそんな薬の副作用について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!