網膜とその疾患

視神経網膜炎

視神経網膜炎とは

視神経と網膜に炎症を生じ、視機能が障害される病態の総称である。原因は下記の通り。比較的若年者に多く、片眼性が多いとされている。突然の視力低下で発症し、その程度は様々とされる。先行感染や動物との接触歴がないかを確認する必要がある。

視神経網膜炎の原因

感染性

  • ウイルス性
  • 細菌性
  • その他:スピロヘータ、トキソプラズマ、トキソカラ

非感染性

  • サルコイドーシス

など

視神経網膜炎の検査所見

視神経乳頭や網膜浮腫、漿液性網膜剥離、硬性白斑、乳頭あるいは網膜表層出血がみられる。相対的入力瞳孔反応異常(RAPD)が観察されることが多い。乳頭の毛細血管の透過性亢進が成因で、フルオレセイン蛍光眼底造影(FAG)では造影初期から乳頭上の血管からの蛍光漏出を認める。造影後期には乳頭から黄斑部にかけて広い範囲で過蛍光を呈する。

視神経網膜炎の原因精査のため、猫ひっかき病抗体、結核、梅などの血清学的検査やPCRにより感染原因を調べる。また、眼窩および頭蓋内CT/MRI検査も忘れてはならない。

視神経網膜炎の治療

6~8週間で自然回復傾向があるが、視機能不良の場合、ステロイド内服治療(プレドニン®30㎎/日)を用いることもある。また、原因が分かれば原因に応じた治療を行うと、予後は比較的良好となる。

参考文献

  1. クオリファイ5全身疾患と眼(専門医のための眼科診療クオリファイ)

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!