眼科で行う治療

治療的レーザー角膜切除術(PTK)

治療的レーザー角膜切除術(PTK)

ArFエキシマレーザーには角膜を構成する膠原繊維の分子間結合を切離する作用がある。これを応用した治療が治療的レーザー角膜切除術(PTK)である。PTKは角膜実質浅層までの混濁に対して切除可能である。よって、PTKは帯状角膜変性、顆粒状角膜ジストロフィなどに対して行われる。PTK後は治療用コンタクトレンズを装用する。PTKの合併症としては遠視化がある。

参考文献

  1. 細隙灯顕微鏡用語活用アトラス事典

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!