結膜とその疾患

結膜下出血

結膜下出血とは

結膜血管からの出血が結膜下に貯留した状態のこと。原因は下記の通りだが、特発例が全体の3割~半数を占める。通常は無症状だが、ドライアイや点状表層角膜炎、上輪部角結膜炎、Lid-wiper-epitheliopathyなどを合併することがあり、その場合は異物感や痛みを訴えることがある。長期に及ぶ、頻繁に繰り返す場合には結膜弛緩症による可能性もあるが、全身疾患のコントロールや血液、血管異常などが隠れていないかを確認する必要がある。

結膜下出血の原因

  • 外傷や手術などの外的ストレス
  • 咳や嘔吐などによる静脈圧上昇
  • ワーファリン内服や血液凝固系異常
  • 血管異常
  • 高血圧や糖尿病など血管の脆弱性

など

結膜下出血の治療

原疾患があれば原疾患を治療するが、結膜下出血自体は数週間で自然治癒する。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

結膜とその疾患このページでは結膜とその疾患についてのリンクを掲載しています。...

ABOUT ME
doctorK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!