結膜とその疾患

結膜弛緩症

結膜弛緩症とは

球結膜の張りがなくなりシワ状になった状態で中高年によくみられる。結膜弛緩症では、弛緩した球結膜が下方の涙液メニスカスを占拠するため、弛緩結膜の上に異所性の涙液メニスカスが形成されて隣接した涙液層の安定性を低下させる。その結果、流涙ドライアイを生じる。

また、弛緩結膜は瞬目時に角膜あるいは眼瞼縁に触れて、摩擦が亢進し、異物感結膜下出血などの原因となる。治療としては角膜保護薬や低力価ステロイド点眼薬を1か月程度使用する。それでも症状改善なければ外科的治療を行う。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

結膜下出血結膜下出血とは 結膜血管からの出血が結膜下に貯留した状態のこと。原因は下記の通りだが、特発例が全体の3割~半数を占める。通常は無症状だ...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!