結膜とその疾患

結膜リンパ管拡張

結膜リンパ管拡張

結膜のリンパ管が拡張し、結膜上に局所的な浮腫状隆起を呈した病変をさす。大きな嚢胞状の隆起が単発性に生じることもあれば、数珠状に数個が連続していることもある。結膜リンパ管拡張の発症原因は慢性炎症、眼手術や外傷後の瘢痕、先天異常、リンパ管の循環障害などが考えられている。

無症状が多いが、異物感や整容上の問題を訴えることがある。治療は症状があれば角膜保護点眼薬やステロイド点眼薬等を用いて行い、それでも症状が改善しない場合は手術加療の適応となる。

参考文献

  1. 今日の眼疾患治療指針第3版

関連記事

結膜弛緩症皮膚のシワと同じように、白目にある結膜も年齢とともにシワができます。このシワは目の異物感や結膜下出血などを引き起こすことがあります。そこでこの記事ではそんな結膜弛緩症について解説しています。...

ABOUT ME
ドクターK
オンライン眼科編集長兼眼科医プロライター/祖母の死→医師を目指す→一浪し眼科医/プロライターとしても500以上の記事を執筆/目の健康、眼科に関する記事をほぼ毎日作成/一緒にお仕事して下さる方はDMして下さい!目の健康に関する情報よ全国へ届け!